ニつの事業

文化財修理助成事業

助成のあらまし

1. 助成の対象と限度
【対 象】 修理しようとする文化財が、京都府内に所在する仏像・仏画を中心とする美術工芸品であること。
その文化財が、国、京都府、または府内の市町村によって「指定」または「登録」されたもの(京都府暫定登録文化財)であること。
【限 度】 修理に要する事業費から、国・京都府・市町村および他の団体からの補助金や助成金を差し引いた額の60%以内とする。
最大30万円を限度とする。
  但し、助成申請額の合計がその年度の予算を超えた場合は、所有者負担率(所有者負担額÷総事業費)の多いものを優先することとする。

助成金交付要綱(PDF 74KB)

2. 助成までの流れ

①「助成金交付申請書」(添付書類とも)の提出

② 当財団事務局による書類審査

③ 当財団理事会での承認

④ 所有者への決定の通知

⑤「助成金請求書」の提出

⑥ 指定口座への振り込み

⑦「報告書」の提出

「助成金交付申請書」ならびに「報告書」の書式は、このホームページからダウンロードしていただくか、当財団事務所にご請求ください。

助成金交付申請書(PDF 172KB)

助成金報告書(PDF 147sKB)


助成の実績

1. これまでの助成実績

これまでの助成実績(PDF 49KB)

2. 過去5年間の実績

過去5年間の助成実績(PDF 188KB)