旧燈明寺跡の保存と活用

燈明寺関係年表

西暦 年号 事   項 典  拠
735
 天平7  この頃、行基が寺を開創し、観音寺と号したと伝える 「東明寺過去帳」等
863
 貞観5  弘法大師の弟子・真暁が再興し、真言宗にする 「東明寺過去帳」等
 
   一説に真暁の開山とも伝える 「東明寺縁起」
1225
 嘉禄元  東明寺源長が願主となり、聖縁が大般若経を書写する  木津御霊神社「大般若経」奥書
1308
 徳治3  不空羂索観音像造立。 他の4躯の観音像もこの頃造られる  像内納入文書
  14世紀初  この頃、燈明寺型石燈籠・十三重石塔が造られる  
1385
 至徳2  山城守護山名氏清と山城国人の合戦で燈明寺も被害を受ける 「仏涅槃図」裏書
1456
 康正2  賢昌房忍禅が再興し、天台宗に改める。 「東明寺縁起」
「東明寺過去帳」等
 
   続いて本堂・三重塔を建立する  
1462
 寛正3  忍禅が仏涅槃図を東明寺別院興法院へ施入する 「仏涅槃図」裏書
1472
 文明4  忍禅が三千仏図を興法院へ施入する 「三千仏図」裏書
1660
 万治3  燈明寺大破につき、兎並村より喜見院日便に寄進し、永代法華寺となし、観音堂(本堂)ほかの再興を計る 「燈明寺旧記」写
1663
 寛文3  本圀寺の僧日便が藤堂藩の助力を得て寺を法花宗に改め、観音堂(本堂)ほかを修理。東明寺を本光寺燈明寺に改める 「東明寺縁起」「東明寺過去帳」
「兎本家文書」等
1672
 寛文12  日逑、庫裏を建立  庫裏棟札
1688
 貞享5  日進(軫)、梵鐘を鋳造する  鐘銘
1695
 元禄8  日誓、「東明寺過去帳」を記す 「東明寺過去帳」
1696
 元禄9  日誓、「東明寺縁起」を記す 「東明寺縁起」
1727
 享保12  本堂ほか大破。修復のため藤堂藩領内を勧進する 「永保記事略」
1743
 寛保3  日賢、三重塔を修理する 「東明寺過去帳」
1751
 寛延4  日賢、本堂を修造し、宝塔を再興する  境内碑文
  この頃  堂塔修理費捻出のため石燈籠を三井家に売却。
模作を境内に置く
「三井家文書」「東明寺過去帳」
1787
 天明7  東明寺の境内絵図が描かれる 「拾遺都名所図会」
1809
 文化6  日昇、庫裏の瓦替え工事か  庫裏修理棟札
1810
 文化7  千手観音像等の開帳が行われる 「縁起餝付烈并開扉中諸記」
1841頃
 天保12  日昶、庫裏を修理する 「東明寺過去帳」
1866
 慶応2  日千が土蔵を建てる  土蔵棟札
1901
 明治34  川合芳次郎、燈明寺を買得する 「相楽郡誌」
1914
 大正3  三重塔を横浜市三渓園に移築する  
1921
 大正10  本堂並びに御霊神社本殿が特別保護建造物に指定される  
1934
 昭和9  住職欠員となり、以後無住  
1948
 昭和23  暴風雨により本堂大破のため解体する  
1950
 昭和25  本堂、重要文化財に指定される  
1982
 昭和57  本堂部材等を三渓園に移す  
1985
 昭和60  本堂跡に収蔵庫を建設する。観音像5躯を修理する